• jp
  • en
JALコーポレートサイト

企業の持つ魅力をストーリーとして伝えるコミュニケーションデザイン

日本を代表する企業として世界のベンチマークとなるサイトを目指し「WEBサイトを通じたブランドイメージの向上」を目的としたフルリニューアル。ユーザーが魅力を感じるコンテンツであることを前提条件とし、情報構造の整理だけでなく企画からビジュアル、ライティングの見直し、スチールや動画の撮影も実施しました。
Solution / Output
ResearchAnalysisStrategic PlanningUX DesignContents DesignUI DesignVisual DesignFrontend Development

企業の持つ魅力を定義し、最大限に伝えるために

コーポレートサイトを構築していくにあたって、企業としてのJALに今以上に魅力を感じてもらうためには、どんなコミュニケーションが必要なのか。もともと持っている魅力を定義し、「旅に行きたい」「安心・安全・機能的な飛行機に乗りたい」「航空関係の仕事に就きたい」……JALが叶えるさまざまな夢。それらを魅力的に見せるためのコンテンツを形にしていく必要がありました。

あらゆるステークホルダーをリサーチし、メッセージのあり方を検討

プロジェクトの初期フェーズでは、リサーチ、企画、ロジックを組み立てていきました。ディレクターとアートディレクターが中心となり、競合の調査からビジュアルリサーチ、ターゲット確定など、ロジックに基づいたデータ収集。また、コンテンツ面は視覚的に魅力を伝えるためのしかけ、モックアップを構築しながら試行錯誤をしていきます。

細部まで行き渡るデザインシステムでユーザーの体験を統一

写真撮影や動画撮影などの工程も外部のカメラマンおよびライターの方と協力して作り上げることになります。同時にデザイン言語を組み立てるためのパーツ作りなどに着手していきます。ピクトグラム・色・言葉・写真の質やルールなど、細かいところにもこだわり、あらゆる場面でも統一されたコミュニケーションが可能になる仕組みを作っていきます。

階層構造の“リンク集”から脱却し、ストーリーテリング設計へ

ビジュアルコミュニケーションの原点に帰ることで、旧態依然としたフレームワーク的なリニューアルではなく、日本航空という企業をより深く知ってもらうサイト構築を行っています。トップページのタイムラプス動画は、企業理解のきっかけとしての働きはもちろんですが、ユーザーがずっと見ていたいと思う企業トップの常識を覆すものとなりました。

Client

日本航空株式会社

Credit

PRODUCE
Takehiro SUENARI
PLANNING
Wataru INABA, Kazuyuki TAKEDA
INFORMATION ARCHITECTURE
Wataru INABA, Kazuyuki TAKEDA
PROJECT MANAGEMENT
Wataru INABA
DIRECTION
Wataru INABA, Noriyuki ARAI, Kennosuke FUKUMOTO
CREATIVE DIRECTION
Kazuyuki TAKEDA
DESIGN
Natsumi ISHKAWA, Kyoko SEKIGUCHI, Toshiki KOSUGI, Sayaka KUBO
CODING
Rie IMAOKA, Humi SUZUKI, Takuya ABE, Yuki SUZUKI

Partner

PHOTOGRAPHY
Sachie ABIKO
MOVIE PRODUCE
Shinya OMI, Yumi NAKAJIMA [amana inc.]
MOVIE SHOOTING
Jun MATARAI, Naomi Circus [un Corporation.]
MOVIE EDIT
Shinya NAKAGAWA [amana digital imaging inc.]

Awards

Other Projects

TOPS京都

自社のサービスを差別化しながら引き立て合う「相乗効果」のデザイン

Strategic PlanningInformation ArchitectureUI DesignVisual DesignFrontend Development
Back to Index