• jp
  • en
学習院学校・法人本部 Webサイト

歴史と伝統に育まれた一貫校の佇まいを、共通デザインフレームで実現

学習院は、1847年の京都学習院開講から歴史と伝統を継承した一貫校です。フォーデジットは4つの学校サイト(初等科、中等科、高等科、女子中・高等科)と、3つの関連サイト(法人本部、中等科・高等科図書室、女子中・高等科図書室)をリニューアルしました。7サイト全てに一貫校としての統一感を感じられるよう、共通デザインフレームを策定。各校の独自性を伝えながらも、気品あふれる「学習院らしさ」を佇まいから伝えられるようデザインしました。
Solution / Output
Information ArchitectureDesign Language SystemUI DesignArt DirectionVisual DesignProject Management
Visit Website

デザインと技術仕様の刷新を一気通貫で

1847年の開講以来、長い歴史と伝統を持つ学習院。幼稚園から大学院まで全教育課程を網羅した一貫校です。各校のWebサイトは開設から10年近くが経過し、学校を取り巻く流動的な状況への対応や、スマートフォン表示などの技術的なアップデートが必要になっていました。
フォーデジットは情報設計と技術仕様を刷新し、公式メディアとして統制の取れた情報掲載を図るとともに、「学習院らしさ」を醸成する共通デザインフレームを策定。一貫校としてのイメージ統一を目指し、計7サイトをリニューアルしました。

「学習院らしさ」をつくる共通デザインフレーム

デザインコンセプトは「気品」「素直」「伝統」。新奇に走らず実直に伝えることをテーマに、過度な装飾は抑え、届けるべき情報を確かに届けることを目指しました。
全てのサイトで一貫した「学習院らしさ」を表現するために、共通デザインフレームを作成しています。タイポグラフィ、マージン等のデザインシステムと、ナビゲーション、ボタンなどの共通パーツで統一感をつくりながらも、サイトのキーカラーは学習院ブルーをベースに各校の特色を表現。それぞれの教育理念や学びの特徴を鑑みて、初等科では活気ある角丸や円などのポップなモチーフ、女子中・高等科では凛とした風景の写真を使用するなど、細やかに工夫を凝らしました。

またレスポンシブデザインでスマートフォン対応を行い、情報設計の見直しとコンテンツの統廃合を行ったことで運用負荷も軽減。学校を取り巻く流動的な状況の中、生徒や保護者に常に最新の情報を届けられるようになりました。

Client

学校法人 学習院

Credit

CONSULTANT
Goro ICHIKAWA
DIRECTION
Risa KADOWAKI
PROJECT MANAGEMENT
Sayaka IDE , Yu MATSUBARA
LEAD DESIGN
Ikuya WAKANA
DESIGN
Naoya SAKAMOTO , Mizuki MAEDA

Partner

DEVELOPMENT , CMS DEVELOPMENT
Ear-thphere.Inc.

Other Projects

カシワバラ

グループ企業のブランドイメージを統一、各社の提供価値を明確に

ResearchAnalysisStrategic PlanningInformation ArchitectureDesign Language System
Back to Index