• jp
  • en
商品開発者向け 分析プラットフォーム

徹底的にユーザーと向き合う、ベトナム市場の分析プラットフォームデザイン

ベトナム市場においてトップの売り上げを誇る食品メーカー。消費者のデータ構造を分析・活用するプラットフォームの企画設計を支援しました。
Solution / Output
ResearchAnalysisUX DesignPoCPrototypeUI DesignVisual DesignFrontend DevelopmentUser Modeling

消費者視点の商品開発のために

ベトナム市場でも、作れば売れた時代は終わり、消費者が多くの商品から選択する時代をむかえています。メーカーにとっては、競合他社との差別化や、消費者のニーズを捉えた商品開発など、消費者視点のマーケティング戦略が不可欠となってきました。 お客様である食品メーカーでは、マーケティングツールやアプリケーションの整備がまだ十分ではなく、各データの取得に時間がかかってしまい、商品開発に消費者の嗜好性をなかなか反映できていませんでした。

現地へ赴き、徹底的なユーザーリサーチ

プロジェクト参画にあたり、フォーデジットは、まずベトナムの実情を深く理解することが重要であると考えました。現地のライフスタイルやお金の使い方、利用している端末やアプリケーションまでを把握するためにユーザーリサーチを実施。ベトナム人の生活や文化、行動を理解し共感できるように努めました。 さらに、お客様が抱える課題を洗い出すため、現地スタッフへのグループインタビューを実施。まず関係する部署のメンバーがどんな課題感を持っているのかを洗い出し、部署を越えた全員がその課題に共感し、全員で解決する方法を検討する必要があったため、全部署の方々を巻き込んで取り組むようにしました。
その後、実際に分析プラットフォームを使うペルソナを設定し、カスタマージャーニーマップによって新しい業務プロセスを可視化しました。合計3日間のワークショップを通し、分析プラットフォームに必要な機能やシステム、活用しやすいインターフェイスを設計していきました。

深い共感を得て、ゼロから伴走する

それまでデータ分析をすることなく、個人の感覚に頼りながら行われていた新製品の企画。このプラットフォーム構築により、既存のデータを活用し、企画アイデアをデジタルに共有できるようにすることで、より消費者のニーズに合った商品開発が可能になりました。 「分析プラットフォームをつくる」と言っても、お客様にとっても初めての試みであり、どのようなシステムが必要なのか、何から始めたらよいかわからない状態でもありました。関係者全員が解決すべき課題に共感を得てプロジェクトを進めることにより、部署ごとの課題が点ではなく線で繋がっていき、メンバー全員の結束力が高まったと感じました。

Credit

SERVICE DESIGN CONSULTING
Takehiro SUENARI
ART DIRECTION
Kota ISHIDA
UX DESIGN
Nozomu NITTA
TECHNICAL CONSULTANT
Nobuyuki NISHIGAKI
RESEARCH
CREATIVE SURVEY

Other Projects

ユーザーから発想する近未来のショッピング体験をデザイン

ResearchAnalysisUX DesignPoCPrototype
Back to Index